×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  二 今回のは不可抗力だ その4



「イモリ女が出現した、と言っても、別に噂どおり誰かが屋上から墜死したわけじゃない。ただ、屋上から降りてくる何かを見た、という人間がいただけだ」
「そりゃそうよねぇ。誰か死んでたら、ちょっとした騒ぎになってるだろうし」
「ちょっとした騒ぎどころじゃすみませんよ、普通……」
 気楽な調子で相槌を打つ露子に、優歌は呆れた調子で肩をすくめた。
「ともかく、何かを見間違えた可能性が高い。戸川もその線で調べていることだろう。
ならば、『昨日の放課後、屋上にいた何か』が鍵になってくる」
「……あ!」
「気付いたようだな、伊東」
「そりゃここまで言われたらねぇ」
 露子も分かったようだ。
「目撃されたのは恐らく、屋上から校舎の壁を降りてくる赤い腹の女」
 そんなものを目の当たりにした一年生はさぞ驚いたことだろう。そこで思い出されるのが、先ほど露子が話した昨日の行動だ。
「イモリ女の正体は……七条露子、あなただ! という事になる」
「やっぱりね……」
 目撃した一年生の語った容姿から、噂を知る上級生がイモリ女と判断したのだろう。
「部長は有名人だ、二年生以上の人間が見ていたら、あなただと気付いただろうな」
 それが伝聞になったから、噂の怪物に姿を変えたのだろう。
「エミリががっかりしそうな話ね。あの子、ホラー好きだし」
「そうなんですか?」
 文芸部の本棚にあった怪奇系の本は、彼女の蔵書だそうだ。
「にしても、失礼な話よね。こんな美人を捕まえてハ虫類呼ばわりとか」
「イモリは両生類ですよ」
「は? 何? カエル?」
「……いえ、いいです」
 優歌は露子から顔を背けた。ダブりの原因は別にもある気がしてきた。
「まあ、これで伊東も安心だな。幽霊の正体見たりうちの部長、と言うわけだ」
「怖さ的にはあんまり変わりませんけどね」
 捕まると、屋上から一緒にダイブさせられるか、校内で一緒にヌードにさせられるか、の差しかない。前者は物理的に、後者は社会的に死んでしまう。
「部長って、イモリ女の親戚のゼンラ女じゃないですか?」
「こんな優しい先輩をつかまえて、よくそんな妖怪扱いできるわね!」
 露子がそういった時、また部室のドアが勢いをつけて開かれる。
 瞬間、ソファーから三センチほども飛び上がり、露子は床に平伏した。
「ごめんなさい! ごめんなさい! もう二度と性悪牛チチ女なんて思ってても言いません! 許してください! 靴でも何でも舐めますから!」
「どんな命乞いだ」
 と言うか今のはほぼ自白である。
「ぶ、部長、エミリ先輩じゃないですよ……」
 若干体を遠ざけながらも、優歌は彼女の背中に声を掛ける。
 入って来たのはあゆみであった。恐る恐る顔を上げた露子は、安堵の表情を浮かべ、糸が切れたように、床に倒れこんだ。
「脅かさないでよ、あゆみちゃん……」
「今からもっと驚くことになるよ」
 自信たっぷりの表情でそう言うと、あゆみは露子の体を起こす。
「謎は全て解けた」
「え?」
 嫌な予感がした。
「犯人は――イモリ女の正体は、お前だ! 七条露子!」
 しーん、という書き文字が見えるぐらいに、部室内は静まり返った。
 あゆみはそれが、皆が衝撃を受けたためだと捉えたのだろう、得意げに話を続ける。
「さて――」
「待て戸川」
 鉄則の前置きを出したあゆみに、神崎は待ったを掛けた。
「それはさっき俺がやった」
 既に謎解き済みであることを、神崎は説明する。
「嘘だ!」
 叫んで優歌の方を見る。
「だから、お腹に赤いボディペイントをしてた部長なんですよね? 屋上に閉じ込められて、地上に降りてくるのを見た人が、『イモリ女』だって騒いだ」
 優歌の説明で全てを悟ったのか、今度はあゆみがへたりこんだ。
「……どうして」
 きっ、と顔を上げて神崎を睨む。
「どうしてボクに意地悪ばかりするのさ!」
「今回のは不可抗力だ」
 不可抗力じゃない意地悪もあったのだろうか、と傍で優歌は思った。
「お前、さては怪人二十面相だな?」
「いや、違うが」
「じゃあボクはどうしたらいいんだよ!!」
 そう叫んで、あゆみは走って出て行ってしまった。
「やれやれ……泣いて出て行くパターンは、これで止めにして欲しいところだ」
 責任を感じているのか、それともさっき露子に言われたからか、神崎は追いかけるつもりらしい。
 外に出ようとした彼を、腕を掴んで止めた者がいた。
「ちょ、何であゆみちゃんは追いかけるのよ!?」
 あたしの時は来なかったくせに、と露子は非難がましい目をした。
「しかしだな……」
「先輩、部長涙目だから……」
 一つ大きく息をつくと、神崎は優歌に声を掛ける。
「伊東、すまんが戸川を……」
「優歌ちゃんもダメ!」
「えぇー……」
「何がしたいんだ、あんたは……」
 露子の手を振り払って、神崎は携帯電話を取り出す。
「吾郎さんに知らせておくか」
「それならいいわ」
 そう言いつつも、まだ不機嫌そうだ。
「伊東、今日はもう帰っていいぞ」
「え?」
「特にやることもないだろうしな。俺は今日中にトゥルーエンドを見届けねばならん。鍵は俺が掛けておくから」
「あ、はい……」
 返事をして、腕を組んでむすっとしている露子に声を掛ける。
「部長も一緒に帰りませんか?」
「しょうがないわねぇ」
 機嫌のよさそうなにやにや笑いで、露子は鞄を手に取った。ちょろい人だな、と優歌は内心溜息をつく。
「えらく今日は部長に優しいな」
「つまり、一緒にボディペインティングをやっていく覚悟完了ってわけね?」
「違います! 服を着てるから優しいんです!」
 このまま「服を着ていたら優しい」を刷り込めば、いつか全裸にならなくなるかも、とちらりと思った。

 翌朝、学校傍の歩道を優歌が歩いていると、後ろから声を掛けられた。
「おはよう、優歌さん」
「あ、おはようございます、エミリ先輩」
 そう言えば昨日見かけなかったな。そのことを尋ねようと思ったが、先にエミリが話題を振ってくる。
「一昨日、イモリ女が出たって知ってるかしら?」
「は、はい……」
 なんなら正体まで知っている。
「さっき友達から聞いたんだけど、今度は屋上からコート怪人が降りてきたんですって」
「コート怪人……」
 今回は、すぐに優歌の中で全てが繋がった。それにしても、部長といい彼女といい、何故こうも高いところに上りたがるのか。バカか煙なのだろうか。
「エミリ先輩、わたしコート怪人の正体、心当たりあります……」
「奇遇ね、わたしもよ」
 にっこりと笑うエミリの顔を見て、自分は屋上で泣くことにならないようにしよう、と優歌は思った。




目次に戻る