×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  一 それじゃあ、全裸になりなさい その2



 優歌のクラスの担任・野川豊とは、三十代半ばの長身痩躯の男であった。
 ワイシャツの上に白衣をまとい、銀縁の眼鏡をかけたその容姿は、絵に描いたような理科教師であるが、担当は現代文だと自己紹介し、ざわめきをまき起こした。
 職員室を訪れた優歌が入り口できょろきょろしていると、その野川がコーヒーの入った紙コップを片手に声をかけてきた。
「どうした、伊東?」
 もう顔と名前を一致させている事に優歌は驚いた。
「少し、お尋ねしたいことがありまして……」
「お尋ねときたか」
 苦笑しながら肩をすくめて、野川は優歌を伴って自席に移動した。
「で、何だ?」
「あの、自由創作部ってなんですか?」
 問われた野川の眉が、ぴくりと動いた。
 あのプリントに担任教師の名前を発見した優歌たちは、とりあえずクラブの中身を確かめようという所では一致した。クラス担任になら聞き易いし、ということで、陸上部へ見学に行ったルミと亜衣と別れ、優歌は単身職員室に乗り込んできた、という訳である。
「先生が顧問をされてるんですよね?」
 何で知ってるんだ、と何故か野川は照れたように笑った。
 優歌は鞄から二つに折ったわら半紙を広げて、紙の右隅を指した。
「ここに書いてありました」
「あいつら……。これが一人は釣れるって作戦か……」
「はい? 釣り?」
「担任の名前を書いておけば、確かに一人は聞きに来るだろうが、俺任せかよ……」
 一つ咳払いをして、野川は言った。
「自由創作部の活動に関しては、一言ではちょっと説明しにくい」
「はあ……」
 説明しにくいから、こんな特に何も書いていない状態なんだろうか。
「いや、単にこれはやる気がないだけだろう」
 考えを口にした優歌に、野川は首を横に振った。
「説明しにくいんだったら、この『全裸にならない』の意味だけでも教えてくれませんか?」
「そこに目を付けるとは、やるな伊東」
「やるな、と言うか、それ以外にこのクラブ情報ないじゃないですか」
「こいつは非常に重要な部分だ」
 しかし説明するのは簡単だ、と野川は笑う。
「もし、自分のクラブにところ構わず全裸になろうとする人間がいたら、どうだ?」
「はあ?」
 そんなの困るに決まっている。
「そういうことだ」
 深く、深く野川はうなずいた。
「いや、あの、よく分からないんですけど……」
「常識のある人間だったら問題はないという事さ。何かを作ってやろうという、創作の意志および能力があるなら、尚いいがな」
「そ、そうですか……」
「そうだ。うん、我ながらよい言い訳、もとい説明だった」
「今、言い訳って言いませんでした?」
「そんな細かい事は気にするな。頭頂部から禿げるぞ、校長のように」
 危ない冗談が飛び出した。優歌は思わず、辺りに河童ヘアの校長がいないか見回す。
「まあまあ、とにかく中身が気になるなら見学してみてはどうだ? 百聞は一見にしかず、迷わず行けよ、行けば分かるさ」
 国語教師なのかプロレスラーなのか、よく分からない言葉で締めくくった。


 というわけで、優歌は学校の敷地の外れにある通称「クラブボックス」と呼ばれる二階建ての建物へとやってきたのであった。
 外観は小さなアパートのようで、優歌は少し戸惑った。
 一階と二階に六部屋ずつ、計十二のクラブがこの建物を利用しているらしい。
優歌が野川から教えられた自由創作部の部室は二階の一番右端、学校の敷地ぎりぎりの一室であった。
 その部屋の鉄扉に貼り付けられたプレートには、「演劇・パソコン研究・美術・文芸・ワンダーフォーゲル部」と書かれていた。「ワンダーフォーゲル」と「部」の間には「学園探偵」とも書かれていたが、その文字列は二重線で取り消されていた。
 優歌は部屋の前で頭を抱える。
 これは、どういうことだろうか。
 何でこんなに詰め込まれてるんだ? しかも明らかに運動部っぽいワンダーフォーゲル部まで組み込まれているのが理解できない。取り消されてはいるが、学園探偵はもっと理解できない。わけが分からないよ! と叫びたくなる。
 やめておくか? いや、ここまで来たんだ。入ってみよう。
 百聞は一見にしかず。そう言い聞かせて、優歌はそのドアを開けた。
「失礼しま……す!?」
 ドアを開けた彼女の目に飛び込んできたのは、信じがたい光景であった。
 部屋の左隅に鎮座したパソコンに向かって、一人の男子生徒が黙々と作業している。
 右奥に置かれた革張りの古いソファーには、ウェーブのかかったロングヘアの上品そうな少女と、何故かハンチング帽にインバネスコートというシャーロック・ホームズのコスプレのような格好をした背の低い少年が座っている。
 正面の壁には大きな本棚が二つも並んでおり、ぎっしりと本が詰まっている。
 ここまではいい。確かに妙なコスプレ少年がいるが、それもアレに比べれば、微々たる問題だ。
 本棚のまん前に座り込み、全裸で自分の体に塗料を塗りたくっている女に比べれば。
「…………」
 見なかったことにしよう。
 優歌はそっとドアを閉めようとした。だが、内側から強い力で引っ張られる。
「待ちなさい!」
 優歌の腕を掴んだのは、あろうことか全裸の女子であった。
「いや、いやー!」
 思わず本気で叫んだ。薄暗い室内に浮かび上がる、顔にべっとりと塗られた赤系統の色が、血を思い起こさせて不気味だ。
「入部希望者? 入部希望者よね?」
「ち、ちが、違います!」
 引っ張りこまれそうになるのを、必死に踏みとどまる。
 誰か、誰か助けて。後ろを振り向くと、建物の下を歩く野球のユニフォーム姿の男子生徒が目に入る。
「助けてください! 痴女が! 痴女がいます!」
「誰が痴女よ! 失礼ね!」
 部室内から世界一説得力のない抗議が聞こえるが、無視して叫ぶ。すると、階下の野球部員がこちらを見上げて怒鳴った。
「どうしたー!? 何があったー!?」
「痴女ですっ! 痴女に襲われて……」
「そこって自由なんちゃらとかいう部の部室か!?」
「そ、そうですー!」
 必死に抵抗しながら、顔を真っ赤にして叫び返す。
「じゃあ、しょうがねえわな」
 そう言って野球部員は歩いていってしまった。
「しょ、しょうがないって……!」
 怒鳴り返そうとした時、遂に室内に引っ張り込まれてしまった。つんのめって両手を床についた優歌を見下ろして、全裸女が怒鳴る。
「初対面で人の事を痴女ってどういうことよ! 恥を知りなさい!」
 恥を知るのはあんただ、と言い返そうとしたとき、背後でカチャリと音がする。
 振り返ると、さっきまでソファーに座って本を読んでいたロングヘアの女子生徒が、ドアに鍵を掛けたところだった。
「ちょ、鍵……」
「一名様、ごあんなーい」
 にっこりと彼女は微笑む。
 とてもやわらかい笑顔なのに、優歌の背には何故か悪寒が走った。



目次に戻る