×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


  四 ラノベかあ……、読みはしねえなあ その2


「この間から俺、図書館に通ってるんだけど」
「意外ね、あんたが図書館なんて」
 露子の言うとおり、優歌にも体育会系の印象を外目からは受ける松代に、図書館は似つかわしくないように思えた。
「エミリさんに言われて、俺も本を読むようになったんだよ」
 せっかく自由創作部のメンバーになったのだから、本を読むようにしたらいいとエミリに言われたのだそうだ。
 部室にあるミステリも手にとってみたが、読書の習慣がないせいか進めるのが難しく、それならば、とエミリが初心者向けに別の本を薦めてくれたのだという。
「そこから段階を上げていけって」
「因みに、どんな本ですか?」
 まさか『ネオ桃太郎』では、と優歌は背筋が寒くなる。
「何か、手を洗おう! みたいな絵本」
「……死ぬまでにミステリにたどり着ければいいですね」
 得意げに言う松代に、力なく優歌は笑いかけた。
「そこで、俺の方を毎日ちらちら見てくる女の子がいるんだよね」
 それは、高校生がそんな本を読んでるからだと思いますよ。そう思いながらも、こんな所で時間を取ってはいられない、と優歌は別の言葉を選んだ。
「き、きっとその人もマッツ先輩の純真さが気になるんですよ!」
「そう思うだろ!」
 目を輝かせて顔を上げる。単純で、少しかわいいと思ってしまった。
「でよ、でよ、声をかけようと思うワケよ」
 マッツは興奮気味にうなずく。
「でも向こうの名前も知らねえわけじゃん? 何て言ったらなあって……」
 第一印象が大事だろ、とマッツは人差し指を立てて振り回した。
 既に第一印象は『高校生なのに幼児向けの絵本を読んでいる変態』で固定されているだろうが、それに優歌は敢えて触れなかった。
「なるほど、そういう事ね」
 ここまで来るまでえらく長かったわ、と露子が溜息をつく。
「因みにデッちゃんは何かアドバイスしたの?」
「誰がデッちゃんだ。一応は、な」
「何て言ったんですか?」
 現実女性がダメな男が、一体何の経験から物を言うのか優歌も気になった。
「これは恋愛ゲームでは古典と言われる部類の作品でも見られる、非常に典型的な例だ。それに倣えばここは恋愛映画か、植物園に誘うべきだ、とな」
「……まあ、先輩はそうですよね」
 よく考えれば当然である。聞いた自分がバカだったと後悔した。
「映画に誘うのはいいチョイスなんじゃない?」
「いきなりハードル高くないですか」
 誘われた女の子もびっくりしてしまうだろう。
「恋愛映画でいいムードを作るのよ。この間テレビでやってた『マディソン郡の橋』みたいなヤツ!」
「俺、恋愛映画ダメなんだよ……寝ちまう」
「そこは頑張んなさいよ」
「因みに、どんな映画が好みなんですか?」
「んー、さっきのだったら『マディソン軍の橋攻防戦』なら見てみてえな」
「戦争アクションにも程があるタイトルね……」
「アパム! 弾持って来い! アパーム!」
「それ別の映画ですから!」
 前触れなく入ってきた神崎にツッコミを入れ、優歌は咳払いする。
「好みの問題もあるし、一回目から映画はやめといた方がいいですね」
「どこかに誘うのは難しいってわけ?」
「初対面ですし、ご飯……いや、お茶ぐらいが無難かと」
「優歌ちゃん恋愛上手だな」
「そ、そんなことないですけど……」
 自分もドラマやマンガの知識で言っているのだから、神崎を笑えないなと思う。
「んじゃあ、ここは地の利を生かすべきね」
「地の利?」
「図書館でしょ? だったら本棚の奥に連れ込んで、押し倒せばいいのよ」
「アホですか! あんたは!」
 思わず今までしばらく押さえていた本音が出た。
「誰がアホよ! 効果的な戦術よ! あたしが観た別の恋愛映画でも使われていた技なんだからね!」
「どんな馬鹿映画ですかそれ! それからマッツ先輩も『その手があったか』みたいな顔しないの!」
 傍で手を打つ松代にも厳しくツッコミを入れる。
「女子的にはありなんだろ、それ? だったらやるのが健康な高校生男子だぜ!」
 無駄な爽やかさを漂わせ、松代はサムズアップした。
「ありあり。ゴーゴー夕張よ、ヤッチマイナー!」
「なしです!」
「優歌ちゃんがなしなら止めとくわ」
「どうして!?」
 松代の至極真っ当な判断に、露子は抗議の声を上げる。
「こんな彼氏いない歴イコール年齢の小娘と、高二にして三人の男を知るあたしと、どっちが恋愛経験豊富だと思ってるのよ!?」
「部長は年齢的には高三だろう」
「外野は黙ってなさい!」
 的確なツッコミを入れた神崎を一にらみし、露子は松代に向き直った。
「あの子は清楚な感じだから、優歌ちゃんの意見の方が当てはまるんだよ」
「清楚ぶってる女の方が、計算高いんだからね!」
「じゃあ、全裸のあんたは計算なしに即交尾かよ。サルっつーか、昆虫だな」
 露子はふらふらと歩くと、本棚とソファーの間の空間に膝を抱えて座った。憐れむ目でそれを一瞥し、優歌は松代に提案する。
「……とりあえず、図書館に行ってみません? わたしもその子見てみたいですし」
「なるほど。『敵を知り、己を知れば百戦危うからず』か。伊東はなかなかの孔明だな」
「はあ……どうも?」
 褒めているのかなんなのかよく分からない神崎の言葉に、とりあえず曖昧な返事をしておいた。
「よし、『兵は神速を貴ぶ』だ。二人で行ってくるといい」
「いいんですか、留守番任せて?」
 露子の背中をちらちら見ながら、優歌は尋ねた。
「そこのヒロインに到底なれない女なら、放置しておけばいい。何、二時間もすれば立ち直るさ」
 別にやることも今はないだろう、と神崎は付け加えた。
「分かりました。じゃあ、行きましょうか」
「お、おう……」
 もう緊張しているようだった。優歌としてみれば、下見だけのつもりなのだが、何をするつもりなのだろうか、とやや不安になった。





目次に戻る